お祝い、お礼・お返し、ご挨拶。贈り物には図書カードNEXT

  • 文字サイズ
  • 文字サイズ:小
  • 文字サイズ:中
  • 文字サイズ:大
  • twitter
  • facebook
menu

図書カードNEXT トップ > 作家の読書道

作家の読書道 WEB本の雑誌 Presents

WEB本の雑誌

作家自身は、どんな「本屋のお客」なんだろう?そしてどんな「本の読者」なんだろう?
そんな疑問を、作家の方々に直撃インタビューです。

葉真中顕さん:イメージ第208回:葉真中顕さん日本ミステリー大賞を受賞したデビュー作『ロスト・ケア』でいきなり注目を浴び、今年は『凍てつく太陽』で大藪春彦賞と日本推理作家協会賞を受賞した葉真中顕さん。社会派と呼ばれる作品を中心に幅広く執筆、読書遍歴を聞けば、その作風がどのように形成されてきたかがよく分かります。デビュー前のブログ執筆や児童文学を発表した経緯のお話も。必読です。

プロフィール

葉真中顕(はまなか・あき)
1976年東京都生まれ。2013年『ロスト・ケア』で第16回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞し、作家デビュー。ほかの著作に、『絶叫』(吉川英治文学新人賞候補・日本推理作家協会賞候補)、『コクーン』(吉川英治文学新人賞候補)、第21回大藪春彦賞と第72回日本推理作家協会賞のダブル受賞作『凍てつく太陽』などがある。

  • ロスト・ケア (光文社文庫)

    『ロスト・ケア (光文社文庫)』
    葉真中顕
    光文社
    734円(税込)

  • 絶叫 (光文社文庫)

    『絶叫 (光文社文庫)』
    葉真中顕
    光文社
    994円(税込)

  • コクーン (光文社文庫)

    『コクーン (光文社文庫)』
    葉真中顕
    光文社
    691円(税込)

  • 凍てつく太陽 単行本

    『凍てつく太陽 単行本』
    葉真中顕
    幻冬舎
    1,944円(税込)

「作家の読書道」は「WEB本の雑誌」からコンテンツの提供を受けています。

ページトップへ

× 閉じる