お祝い、お礼・お返し、ご挨拶。贈り物には図書カードNEXT

  • 文字サイズ
  • 文字サイズ:小
  • 文字サイズ:中
  • 文字サイズ:大
  • twitter
  • facebook
menu

図書カードNEXT トップ > 作家の読書道

作家の読書道 WEB本の雑誌 Presents

WEB本の雑誌

作家自身は、どんな「本屋のお客」なんだろう?そしてどんな「本の読者」なんだろう?
そんな疑問を、作家の方々に直撃インタビューです。

江國香織さん:イメージ第206回:江國香織さん読書家としても知られる江國香織さん。小さい頃から石井桃子さん訳の絵本に親しみ、妹さんと「お話つなぎ」という遊びをしていたけれど、その頃は小説家になることは考えていなかったとか。さらにはミステリ好きだったりと、意外な一面も。その膨大な読書量のなかから、お気に入りの本の一部と、読書生活の遍歴についておうかがいしました。

プロフィール

江國香織(えくに・かおり)
1964年東京都生まれ。2002年『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』で第15回山本周五郎賞、04年『号泣する準備はできていた』で第130回直木賞、07年『がらくた』で第14回島清恋愛文学賞、10年『真昼なのに昏い部屋』で第5回中央公論文芸賞、12年「犬とハモニカ」で第38回川端康成文学賞、15年『ヤモリ、カエル、シジミチョウ』で第51回谷崎潤一郎賞を受賞。
著書に『きらきらひかる』『左岸』『抱擁、あるいはライスには塩を』『はだかんぼうたち』『なかなか暮れない夏の夕暮れ』ほか多数。小説のほか童話、詩、エッセイ、翻訳など幅広い分野で活躍している。

  • 号泣する準備はできていた (新潮文庫)

    『号泣する準備はできていた (新潮文庫)』
    江國香織
    新潮社
    529円(税込)

  • 真昼なのに昏い部屋 (講談社文庫)

    『真昼なのに昏い部屋 (講談社文庫)』
    江國香織
    講談社
    514円(税込)

  • 泳ぐのに、安全でも適切でもありません (集英社文庫)

    『泳ぐのに、安全でも適切でもありません (集英社文庫) 』
    江國香織
    集英社
    497円(税込)

  • ヤモリ、カエル、シジミチョウ 単行本

    『ヤモリ、カエル、シジミチョウ 単行本』
    江國香織
    朝日新聞出版
    1,836円(税込)

「作家の読書道」は「WEB本の雑誌」からコンテンツの提供を受けています。

ページトップへ

× 閉じる