お祝い、お礼・お返し、ご挨拶。贈り物には図書カードNEXT

  • 文字サイズ
  • 文字サイズ:小
  • 文字サイズ:中
  • 文字サイズ:大
  • twitter
  • facebook
menu

図書カードNEXT トップ > 作家の読書道

作家の読書道 WEB本の雑誌 Presents

WEB本の雑誌

作家自身は、どんな「本屋のお客」なんだろう?そしてどんな「本の読者」なんだろう?
そんな疑問を、作家の方々に直撃インタビューです。

寺地はるなさん:イメージ第202回:寺地はるなさん婚約を破棄されどん底にいた女性が、ひょんなことから雑貨屋で働くことになって……あたかい再生の物語『ビオレタ』でポプラ社小説新人賞を受賞、以来、現代人の心の沁みる小説を発表し続けている寺地はるなさん。幼い頃は親に隠れて本を読んでいたのだとか。読書家だけど小説家を目指していたわけではなかった寺地さんが小説を書き始めたきっかけは? 読むことによって得た違和感や感動が血肉となってきたと分かる読書道です。

プロフィール

寺地はるな(てらち・はるな)
1977年佐賀県生まれ。大阪府在住。2014年『ビオレタ』でポプラ社小説新人賞を受賞しデビュー。ほかの著作に『ミナトホテルの裏庭には』『月のぶどう』『今日のハチミツ、あしたの私』『みちづれはいても、ひとり』『架空の犬と嘘をつく猫』『大人は泣かないと思っていた』『正しい愛と理想の息子』がある。

  • ビオレタ (ポプラ文庫)

    『ビオレタ (ポプラ文庫) 』
    寺地はるな
    ポプラ社
    713円(税込)

  • ミナトホテルの裏庭には 単行本

    『ミナトホテルの裏庭には 単行本』
    寺地はるな
    ポプラ社
    1,620円(税込)

  • 月のぶどう 単行本

    『月のぶどう 単行本』
    寺地はるな
    ポプラ社
    1,620円(税込)

  • 架空の犬と嘘をつく猫 (単行本)

    『架空の犬と嘘をつく猫 (単行本)』
    寺地はるな
    中央公論新社
    1,728円(税込)

「作家の読書道」は「WEB本の雑誌」からコンテンツの提供を受けています。

ページトップへ

× 閉じる