2016年6月から図書カードが新しくなりました!贈り物には図書カードNEXT

  • 文字サイズ
  • 文字サイズ:小
  • 文字サイズ:中
  • 文字サイズ:大
  • twitter
  • facebook
  • HOME
  • カード商品案内
  • オリジナルカード製作
  • 読書のすすめ
  • 取扱店検索
  • よくある質問
menu

図書カードNEXT トップ > 作家の読書道

作家の読書道 WEB本の雑誌 Presents

WEB本の雑誌

作家自身は、どんな「本屋のお客」なんだろう?そしてどんな「本の読者」なんだろう?
そんな疑問を、作家の方々に直撃インタビューです。

住野よるさん:イメージ第181回:岡崎琢磨さんデビュー作『珈琲店タレーランの事件簿』が現在第5巻まで刊行される人気シリーズとなっている岡崎琢磨さん。ノンシリーズ作品も順調に刊行され、作風を広げている注目の若手ですが、実は大学時代まで音楽の道を志していたのだそう。そんな岡崎さんが作家を目指すまで、そして作家になってから読んできた本とは?

プロフィール

1986年、福岡県生まれ。2012年、第10回『このミステリーがすごい!』大賞・隠し玉に選出された『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を』でデビュー。翌年、同作で第一回京都本大賞を受賞。ほかの著書に『季節はうつる、メリーゴーランドのように』『道然寺さんの双子探偵』など。

  • 珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を

    『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ) 』
    岡崎琢磨
    宝島社
    700円(税込)

  • 季節はうつる、メリーゴーランドのように

    『季節はうつる、メリーゴーランドのように』
    岡崎琢磨
    角川書店
    1,512円(税込)

  • 道然寺さんの双子探偵

    『道然寺さんの双子探偵 (朝日文庫)』
    岡崎琢磨
    朝日新聞出版
    670円(税込)

  • 新米ベルガールの事件録 チェックインは謎のにおい

    『新米ベルガールの事件録 チェックインは謎のにおい (幻冬舎文庫)』
    岡崎琢磨
    幻冬舎
    648円(税込)

「作家の読書道」は「WEB本の雑誌」からコンテンツの提供を受けています。

ページトップへ

× 閉じる