2016年6月から図書カードが新しくなりました!贈り物には図書カードNEXT

  • 文字サイズ
  • 文字サイズ:小
  • 文字サイズ:中
  • 文字サイズ:大
  • twitter
  • facebook
  • HOME
  • カード商品案内
  • オリジナルカード製作
  • 読書のすすめ
  • 取扱店検索
  • よくある質問
menu

図書カードNEXT トップ > 作家の読書道

作家の読書道 WEB本の雑誌 Presents

WEB本の雑誌

作家自身は、どんな「本屋のお客」なんだろう?そしてどんな「本の読者」なんだろう?
そんな疑問を、作家の方々に直撃インタビューです。

遠田潤子さん:イメージ第185回:遠田潤子さん奄美の民話をベースにした深遠なファンタジー『月桃夜』で日本ファンタジー小説大賞を受賞してデビューした遠田潤子さん。その後は人間心理を丁寧に描くミステリー作品を発表、最近は文庫化した『雪の鉄樹』がヒットして話題に。非常に幅広く本を読んできた様子の遠田さん、なかでもお気に入りの作品とは?

プロフィール

1966年生まれ。関西大学卒業。2009年『月桃夜』で第21回日本ファンタジーノベル大賞を受賞してデビュー。 2012年『アンチェルの蝶』で大藪春彦賞候補となる。『雪の鉄樹』が「おすすめ文庫王国2017」第1位に選ばれた。他の著作に『鳴いて血を吐く』『あの日のあなた』『蓮の数式』『冬雷』など。

  • 冬雷 単行本

    『冬雷 単行本』
    遠田潤子
    東京創元社
    1,944円(税込)

  • 雪の鉄樹 (光文社文庫)

    『雪の鉄樹 (光文社文庫)』
    遠田潤子
    双葉社
    886円(税込)

  • アンチェルの蝶 (光文社文庫)

    『アンチェルの蝶 (光文社文庫)』
    遠田潤子
    光文社
    594円(税込)

  • 蓮の数式 単行本

    『蓮の数式 単行本』
    遠田潤子
    中央公論新社
    1,836円(税込)

「作家の読書道」は「WEB本の雑誌」からコンテンツの提供を受けています。

ページトップへ

× 閉じる